〖湿邪〗対策 その①

タイトルにある〖湿邪〗(しつじゃ) という言葉、ご存知ですか?

ここ数年梅雨の時期になると、取り上げる番組や雑誌の特集が増えてきた気がするので、耳にされている方も多いかも知れません。

この〖湿邪〗とは中医学などにおいて病気の原因の一つとされています(他にも暑邪・火邪・寒邪…などあります)

湿度が高いこの時期は体内に余分な水分や老廃物がたまり、悪い湿気〖湿邪〗「冷え」をまねき心身の不調を引き起こしていきます。
その「冷え」により血液の循環が滞って代謝が悪くなり、汗や尿で水分を排出し辛くなるため、むくみも起こりやすくなってきます。

気圧や気温の急な変動も手伝って自律神経がうまく機能しなくことが原因とされますが、現れる主な症状として
「体のだるさ・頭痛」「胃もたれ・食欲不振」「神経痛・関節痛」「口内炎」「憂鬱感」などがあります。

この〖湿邪〗にどう対処していくかですが、水分は下に溜まるため下半身が冷えやすくなります。
ぬるめのお湯で半身浴や足浴をおこない、冷えた体を温めてやることが一番です。
入浴後に下半身のストレッチができれば、なおよいと思います。

施術時に首の付け根周辺のコリが取れてくると、胃腸がギュルギュルと動き出すことがよくあるのですが、時間のある時に肩甲骨をゆっくり大きく回してあげて、首の付け根の血流をよくしてあげるのも胃腸の不調に効果的です。

もうひとつ大切なのは食事ですが、これはまた次回に書きたいと思います。

ごあいさつ

院長の鈴木です。鈴木均整院は2003年12月に三郷の地で開業し、お蔭さまで15年目となります。

病院に通ってもよくならない椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などからくる腰痛や坐骨神経痛(痛みやシビレ等)も改善例が多くあります。是非当院にお任せください。

ご来院されたお一人おひとりに、つらい痛みやお悩みを丁寧にうかがって、真心 込めた施術をおこなって参ります。

院長プロフィールはこちらから

適応症例

頭痛、首こり、肩こり、腰痛、ひざの痛み、股関節痛、その他関節痛、神経痛、スポーツ障害、むち打ち、ねんざ、生理痛、しびれ、むくみ、めまい、不眠、ぜんそく、五十肩、顎関節症、ヘルニア、坐骨神経痛、更年期障害、産後の骨盤矯正等、身体の悩み全般、なんでもお気軽に相談ください