お客様の声② 【産後の骨盤矯正】(三郷市30代/女性)

もともと、ご主人が施術を受けにいらしてましたが、

奥様が出産されて4か月ほど経ったころ、骨盤が開いて

腰が痛いとのことで骨盤矯正に来院されました。

三郷市 H(30代女性)

 

【来院時の症状】

 産後のひざ、腰の痛み、疲労

 

【施術の感想】

初回は深部に効き目を強く感じたので、施術中から刺激がありました。

終了後は身体がポカポカして整ったことを実感しました。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

当院では基本的に主訴から離れた部位から施術を始めていきます。

H様の場合も、ひざと腰の痛み、そしてその大きな要因であろう

骨盤矯正がメインでしたので、首肩から施術を開始しました。

身体の歪みはそれほどひどくはなかったのですが、あまりの首肩の

硬さに驚きました。これでは睡眠も浅く、疲労が溜まる一方です。

ご本人に聞いてみると、やはり疲れているのに眠りが浅いとのこと。

首肩から背中にかけて、かなり入念に調整した後で骨盤自体の調整に

入ったことを覚えています。

H様のケースのように、痛みや違和感を感じているところ以外にも

不調の大きな要因が隠れていることは多々あります。

なので痛いとこだけ電気を当ててマッサージをするような治療では、

そのとき気持ちよくても効果が長続きせず、不調が長引いてしまう

ことになるのです。

 

話が逸れてしまいましたが、産後に歪んで開いてしまった骨盤の矯正

適切な時期(※1) にしてあげることで腰痛はもちろん、産後太り、

むくみ、便秘、冷えといった不調を改善していくことができます。

施術が終わると、血流がよくなりH様のように体がポカポカして

気持ちよい!とおしゃる方は多いです。

それと、ズボンのウエストやヒップがゆるくなって喜ばれる方も多い

のですが、これは開いていた骨盤が閉じたことと、むくみがとれた

ことによるものです。体が整うと心身ともに軽くなりますね!

 

(※1)骨盤矯正を開始する時期は産後1ヵ月頃~6ヵ月位迄がよいとされていますが、帝王切開ですと少し遅れて2か月頃~だったり、回復の経過にも個人差がありますので、医師や助産師さんに相談されるのがよいと思います。

 

ごあいさつ

院長の鈴木です。鈴木均整院は2003年12月に三郷の地で開業し、お蔭さまで15年目となります。

病院に通ってもよくならない椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などからくる腰痛や坐骨神経痛(痛みやシビレ等)も改善例が多くあります。是非当院にお任せください。

ご来院されたお一人おひとりに、つらい痛みやお悩みを丁寧にうかがって、真心 込めた施術をおこなって参ります。

院長プロフィールはこちらから

適応症例

頭痛、首こり、肩こり、腰痛、ひざの痛み、股関節痛、その他関節痛、神経痛、スポーツ障害、むち打ち、ねんざ、生理痛、しびれ、むくみ、めまい、不眠、ぜんそく、五十肩、顎関節症、ヘルニア、坐骨神経痛、更年期障害、産後の骨盤矯正等、身体の悩み全般、なんでもお気軽に相談ください